ロゴ画像

展示日程:2017年4月4日~9日 10:30~22:00(4月4日のみ10:30~24:00)
レセプション:2017年4月5日 17:00~19:00(会場:Triennale di Milano)
2017年4月5日 17:00~ 書家紫舟によるライブペインティング
会場:Triennale di Milano
住所:Viale Alemagna, 6-20121 Milano
主催者:DESIGN ASSOCIATION npo、佐藤 茂(ABLE & PARTNERS INC.)
空間デザイナー:長谷川 喜美
特別協賛:株式会社エイブル&パートナーズ

ABLE & PARTNERS JAPAN DESIGN WEEK in Milano 2017 について
JAPAN DESIGN WEEKでは、日本の伝統と新しいデザインの考え方を融合させたデザインの祭典です。今回、イタリアミラノ トリエンナーレ美術館にて、日本のモノづくり“匠”を世界に発信する第一回目JAPAN DESIGN WEEK in Milanoを開催します。 日本の新しいクリエイティブの世界への発信として、青森県弘前市で開催したHIROSAKI DESIGN WEEKで生まれた、伝統工芸 津軽塗の新しいデザインプロジェクト作品のお披露目の場、HIROSAKI DESIGN WEEK。2016年に日本6か所で開催した地方創生を目的としたDESIGN WEEKの様子を映像で見せるJAPAN DESIGN WEEK。日本アートの原点 3人の絵師 伊藤若冲・写楽・北斎を現代のトップアーティストがインスパイアした作品を展示する浮世絵インスパイア展。インテリア・アクセサリー・フードなどに携わる日本に点在するクリエイター・クリエイティブ企業”匠”の作品が集まった匠展。日本を代表する女性書家”紫舟”による、書道を超えた世界に発信するアート個展「紫舟展」。アーティスト西野亮廣の作品、絵本えんとつ町のプペルを光る絵画にし絵本を飛び出した世界観を作り上げる「えんとつ町のプペル展」の6つのコンテンツを展開します。


会場について

ミラノ・トリエンナーレ

イタリアのミラノで開催される美術展覧会。1923年にイタリアの都市モンツァでビエンナーレとして始まり、その後芸術、産業と社会との関係を活性化させることを目的として隔年開催され、1933年から拠点をミラノに移し、ミラノトリエンナーレとなった。それ以降80年以上にも渡り、インテリア、デザイン、ファッションなど文化的にも経済的にも芸術と産業界の発展のための重要なエンジンとなっている。


トリエンナーレ・デザインミュージアム

イタリアで最初のデザイン美術館として、デザインにおける多様な表現で訪問者を魅了している。ファッションの最先端として脚光を浴びるミラノにて、デザインの歴史を知ることが出来る。建物は、ムッソリーニ政権時にミラノトリエンナーレの会場として建てられたもので、パラッツォ・デッラルテ(芸術の館)とも呼ばれ、周囲にはアートオブジェが置かれており威風堂々とした佇まいで、ミラノサローネで最も格式の高い会場として知られている。

住所:Viale Alemagna 6, Palazzo dell'Arte, 20121 Milan, Italy
地下鉄「Cadorna FNM-Triennale‎」駅より徒歩5分
電話番号:+39 02 724341
WEBサイト:http://www.triennale.org/
メールアドレス:info@triennale.org

HIROSAKI DESIGN WEEK

弘前津軽塗
デザインプロジェクト

津軽塗の再興を目指し、地元職人と一緒に取り組む商品開発プロジェクト。海外での知名度の高い喜多俊之氏とデザイン商品を開発する事で、海外で売れること、認知度を高めることを狙う。また、そのエコー効果を国内にフィードバックして需要を高め、販路を拡大していくことを目指す。


出展:弘前市/青森県漆器共協同組合連合会

職人:久保猶司、石岡健一、小林正和、増川泰治、福土武昭、天野琴音、秋元勝彦、土田瓦、沢田宏、小林漆器、今木地製作所、あじゃら工房

津軽塗について
津軽塗の歴史は、約300年前の江戸時代まで遡る。昭和50年には国の伝統工芸品の指定となる。ヒバの素地塗りから、研ぎ、磨きを繰り返し、四十数回の工程と2カ月余の長い工程を経て完成される堅牢優美な塗物である。「唐塗」「七々子塗」「紋紗塗」「錦塗」の4つの技法は現在まで受け継がれている。

【お問い合わせ先】
青森県漆器協同組合連合会

TEL・FAX:0172-35-3629
Web:http://www.tsugarunuri.org
Mail:info@tsugarunuri.org




CO-GIN STITCH

江戸時代、青森県津軽地方で麻の野良着を暖かく丈夫にするために、綿の糸で刺し子をしたことに始まる「こぎん刺し」は、その手仕事の美しさから今も高く評価されています。その技術とセンスを現代のファッションに生かすために、襟と袖のカフスが自由に取り替えられるアイテムとして開発されたのが「CO-GIN STITCH」です。接頭辞のCO–は、「共に」「一緒に」作業を行い、一つにまとめることを言います。「手仕事」と「ファッション」、「過去」と「未来」を共に創り上げます。


職人:弘前こぎん研究所

matohu

2005年 matohuを立ち上げる ‘06年JFWに参加。以後東京コレクションで発表。
2008年 スペインサラゴサ万博日本館制服をデザイン。
2009年 毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。
同年 アジアファッション連合会ベトナム・ハノイ大会で講演。
2011年 「matohu慶長の美」展を南青山スパイラルで開催。
7月 直営店表参道本店を開店。丸亀市猪熊弦一郎美術館杉本博司展でショーを開催。
10月 オペラシティアートギャラリー「感じる服 考える服」展に参加。
2012年 神戸ファッション美術館の同展に参加。
同年7月から11月まで金沢21世紀美術館にて「matohu 日本の眼ー日常にひそむ美を見つける」展を開催。

こぎん刺しについて
こぎん刺しは、厳しい北国の自然の中で生きてきた農民の女性たちが、保温と補強のために行った「刺しこ」から発展した。
こぎんは麻布に木綿糸で一定の規則に従った幾何学模様で造形され、「東こぎん」「西こぎん」「三縞こぎん」の3種類がある。

【お問い合わせ先】
弘前市 商工振興部 商工政策課

Mail:shoukou@city.hirosaki.lg.jp




Tsugaru Bird Whistle

津軽焼の鳩笛。吹いたらポーッと音が鳴ります。弘前の地で育まれた津軽焼と鳩笛(下川原焼)の技術が融合し、新たな可愛らしい鳩笛に仕上がりました。羽の模様は津軽焼の代表的なナマコ柄で表現しています。


職人:阿保正志、小山陽久、佐藤学

+st / 辰野しずか

英国のキングストン大学プロダクト&家具科を卒業後、2011年「+st」を設立。家具、生活用品、ファッション小物のデザインを中心に、企画からディレクション、グラフィックデザインなど様々な業務を手掛ける。2016年 ELLE DECOR日本版 「Young Japanese Design Talents」を受賞。

下川原焼土人形について
下川原焼土人形は、江戸時代の後半に、陶芸家が日用品を焼くかたわら、冬に人形玩具を焼いたのが始まりである。赤土と砂を調合した粘土を石膏の型枠にはめて形を整え、約800度の高温で数時間窯焼きし、最後に色つけをして出来上がる。鳩笛や干支人形が有名で、素朴な形と穏やかな表情には、淡い郷愁がかきたてられる。

津軽焼について
津軽焼きの源流は、平清水焼、大沢焼、下川原焼、悪戸焼である。大正末期頃に窯は一度廃絶したが、現在の津軽焼を昭和11年に再興、「天目釉」やりんごの木灰を材料とする「りんご釉」などによって、素朴で独特な焼きものに仕上げられる。

【お問い合わせ先】
弘前市 商工振興部 商工政策課

Mail:shoukou@city.hirosaki.lg.jp




Tomokissima

"TOMOKISSIMA"(トモキッスィマ) デザイナー、小川智子は二十歳の時、バレエの先生にそう呼ばれていた。イタリア語でTOMOKOの最上級を意味する。その愛称は周囲にも広がり、いつしかTOMOKOはTOMOKISSIMAとなった。 小川智子が、コスチューム・ジュエリーのブランドを立ち上げた時、この名を選んだのはジュエリーを身につけてくれる方々もまた自分らしく最上級であって欲しいという願いもこめて。自己の感性を大事にして、最高のものを創る。おもしろいと思った素材を世界中から集め、独自に考案した技法でジュエリーを創造する。そうやってミラノのアトリエから生み出されたものは、商品ではなく作品だ、と小川智子は語る。
TOMOKISSIMAは、すべてMADE IN MILAN。
文 直木賞作家/ 坂東眞砂子

OGAWA TOMOKO

1986 イタリア、ミラノに生まれる
2002 ACCADEMIA TEATRO CARCANO バレエ プロ養成コースに入学
2007 アカデミー修了後、様々な振付家の舞台を踊る
2010 ヴェネツィア・ビエンナーレ芸術祭で世界中の振付家の舞台を踊る
2011 コスチュームジュエリーブランド、TOMOKISSIMAを立ち上げる
2012 ファーストコレクションを発表
2013 光文社の雑誌 「HERS」 6月号にTOMOKISSIMAのシャドゥネックレスが表紙になる
2014 フランスの雑誌 「PLEASE MAGAZINE」から
   パリ、ロンドン、NY、ミラノで今をときめくジュエリーデザイナーの8人に選ばれる
2015 PITTI IMMAGINE 主催する SUPER にてミラノで初めてコレクションを発表
   『EXPOSE 184 CREATIVI PER MILANO 』写真展にてクリエイターの一人として選ばれる
2016 高島屋 Nippon ものがたりにて TOMOKISSIMA x 津軽塗 コレクションを発表

JAPAN DESIGN WEEK ブース

日本の感性資源を活用し、47都道府県を舞台にDESIGN WEEKを開催。地方行政・企業・学校メディアが一体となりコンソーシアムを創り、地方からモノ・コト・ヒトを発信するプロジェクト。イベントを通じて地域オリジナルのコンテンツを生み出し、郷土愛と人材を育むクリエイティブの力で地方創生を目指します。

HIROSAKI DESIGN WEEK -SAKURA-

日程:2016年4月23日~5月4日
開催場所:青森県弘前市

HIROSAKI DESIGN WEEK -RINGO-

日程:2016年10月8日~10月10日
開催場所:青森県弘前市

HIROSAKI DESIGN WEEK -WINTER-

日程:2017年2月11日~2月12日
開催場所:青森県弘前市

URESHINO DESIGN WEEK

日程:2017年2月5日~2月12日
開催場所:佐賀県嬉野市

FUJISAWA DESIGN WEEK

日程:2016年11月25日~12月18日
開催場所:神奈川県藤沢市

ASUKA DESIGN WEEK

日程:2016年7月16日~7月17日
開催場所:奈良県橿原市/高取町/明日香村

平面から解放するアーティスト紫舟

日本の芸術は、筆を用いた「白と黒の表現=”書”」に影響を受けている。 ゴッホが憧れた浮世絵も、”書の線”の芸術である。
一見平面に見えるそれら。 しかし、木版を刷り重ねることで現れる浮世絵の線は、版木から浮き上がった凸部のものである。 同様に、”書”に書かれる文字は、誕生当初、骨に彫り刻まれた立体であった。 紫舟は”書”を、伝統から解き放つ。 そのベクトルを持った墨蹟は、平面から開放され宙を自由に舞う。

紫舟

日本を代表する女性書家。文字をイメージ表現・表情・感情をつけ情報としての文字に意思を吹き込む。伝統的な書を世界に通用する「意思を表現する」手段として世界に新しい文化を発信。

書家 紫舟(ししゅう)の公式WEBSITEへ

西野亮廣 えんとつ町のプペル 光る絵本展

STORY
4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知らない町がありました。町はえんとつだらけ。そこかしこから煙があがり、あたまの上はモックモク。朝から晩までモックモク。えんとつの町に住む人は、くろい煙にとじこめられて、あおい空を知りません。輝く星を知りません。―そんな町で生まれたゴミ人間とえんとつ掃除屋の少年が起こした、奇蹟の物語。

2016 年 10 月刊行。最新作。現在、日本のベストセラー。30万部のヒット。33人のイラストレーターと完全分業制で、4 年半をかけて作る。この絵本のために、2 回のクラウドファンディングで、計 9550 人が、5650 万円超出資。

西野亮廣

1980 年、日本生まれ。芸人として、ライブ活動、テレビ出演するほか、舞台や映像の脚本や演出、執筆活動も行う。2009 年に、0.03mm モノクロのペン 1 本で書き綴った絵本『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家としてデビュー。その後、『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』を刊行。最新作『えんとつ町のプペル』は、イラストレーター33 人と完全分業制での制作。現在日本で 27万部。次回作も制作中。タイトルは『ぼくらは時計台で恋をする』。

えんとつ町のプペル 公式WEBサイト

nishono

匠展

“日本から世界へ”
日本に点在する「匠」が日本のこれからのクリエイティブの支柱になっていきます。家具、ファッション、プロダクト、食まで、日本のモノづくりの考え方や技術が詰まった匠の作品が並びます。

浮世絵インスパイア展


日本アートの原点 浮世絵。過去と現代のクリエイターを結ぶ企画展として誕生したインスパイア展は、2012年伊藤若冲、2014年北斎漫画、2016年は写楽を取り上げました。国内トップクリエイターが日本の匠としてアート作品を展示。

出展者:浅葉克己、OHGUSHI、菊池敦己、切り師『長屋 明』、佐野研二郎、ジュン オソン、su、高橋キンタロー、津村耕佑、永井一史、長谷川喜美、服部一成、廣村正彰